◎平成28年度第2回グローバルセミナー
1月31日(火)6,7時間目を使い、外国語科の1・2年生を対象に、コメディアンの高村香織さんをお迎えして講演会を行いました。高村さんは英語と日本語のバイリンガル・コメディアンとしてKaoriの名で国内外で活躍しています。優等生だった小・中学校時代から高校中退、フリーター生活、アメリカ留学を経てコメディアンになるまでの半生を英語・日本語を交えて熱く語ってくださいました。豊富な持ちネタも披露し笑いにあふれた講演会でした。坂高生にむけての「夢を持ち、海外へ行くことで世界が広がった。世界はとても広い!」というメッセージが印象的でした。

  


◎片柳小学校訪問
1月27日(金)、外国語科の生徒15人が、お隣の片柳小学校の外国語活動English Activity Workshopに参加しました。体育館の中を街に見立てて、5,6年生の生徒がお店で買い物をしたり、バスやタクシーに乗ったり、道案内をしたりという活動のお手伝いをしました。英語のコミュニケーションを通じて小学生の皆さんと楽しく触れ合いました。

  
    
 

◎第25回校内英語スピーチ・レシテーションコンテスト
11月21日(月)に、校内スピーチ・レシテーションコンテストを行いました。レシテーション(暗唱)部門では、オバマ大統領の広島平和記念公園での演説"President Obama's Speech in Hiroshima"を課題文とし、結果は1位竹村紅葉さん(1-4)、2位本間櫻さん(1-4)、3位塩路唯華さん(1-4)でした。スピーチ部門では、参加者たちは自分の体験や日頃考えていることを英語で力強く表現し、1位池田美季さん(2-4)、2位澁谷美桜さん(2-4)、3位松本麻梨香さん(1-4)という結果になりました。どの参加者も大変な努力と練習のあとが見られ、とてもよい経験になったと思われます。




◎埼玉県英語弁論大会で入賞
11月14日(月)に行われた第67回埼玉県英語弁論大会に、2年4組の池田美季さんが"Open Up Your Options!"というタイトルで参加し、Silver Award(銀賞)を受賞しました。

◎イングリッシュ・セミナー
8月19(金)20(土)一泊二日の日程で、国立女性教育会館にて恒例のイングリッシュ・セミナーを行いました。外国語科の1年生は全員出席で5グループに分かれ、それぞれに外国人講師がついて「意見の述べ方、交渉の仕方、ディベート」などについて学びました。2日目の最後にはグループごとにスキットの発表も行い、2日間の英語漬けのセミナーは大変充実したものとなりました。
   
  

◎第25回英語・日本語スピーチコンテスト
6月14日(火)、埼玉県国際教育研究協議会主催の第25回英語・日本語スピーチコンテストが獨協大学で行われ、坂戸高校からは日本語部門で2年生に留学中のブリッタ・ヘンニグさん、英語部門に2年生の野口愛莉さんが出場しました。ブリッタさんは「留学って?」というタイトルで剣道部の練習を通じて人生で学んだことを発表し、会長賞を受賞しました。野口さんはSmall Step to a Lofty Goalというタイトルで、世界のリーダーとなるにはまず地域、学校などの自分の周りの小さな社会とかかわっていくことから始まるという内容の発表をし、奨励賞を受賞しました。

◎2016年度第1回外語グローバルセミナー
6月15日(水)2~3時間目を使い外国語科の2・3年生を対象に、講師にEnglish Central日本法人社長である松村弘典さんをお迎えし講演会を行いました。松村さんは坂戸高校を卒業後、シンガポールやイギリスへ留学し、帰国後日本マイクロソフト、ニュアンスコーポレーションJapanなどでキャリアを積まれ、2009年より現職でいらっしゃいます。当日は「英語と進路を恐れないために」をテーマにお話しいただき、生徒たちからは「英語を習得すること、習得した後の仕事についてなど、今まで私の考えになかったことがたくさん聞けました。」「やることに無駄なことはないと聞いて、進路でいろいろ迷うこともいいことなのかなと思いました。」「このスピーチを聞くことができて、改めて外国語科に入ってよかったなと感じました。」「コミュニケーションの意義①ミッション②パッション③コミュニケーション④コラボレーション⑤イノベーションが印象に残った」などの感想が聞かれました。



外国語科 カレンダー 2015 
片柳小学校訪問!
2月5日(金)本校生徒がとなりの片柳小学校を訪問し、イングリッシュワークショップの手伝いをしました。
  

校内スピーチコンテスト開催される!
11月16日(月)校内スピーチ・レシテーションコンテストが本校語学学習室で開催されました。レシテーション部門では、『赤毛のアン』の一節を暗唱して発表、スピーチは身の回りの出来事から考えたことを題材に発表しました。
レシテーション部門では、2年普通科の田中真衣さん、スピーチ部門では1年外国語科の福井美奈弥さんが1位になりました。
  

News!埼玉県高等学校英語教育研究会主催英語弁論大会で、外国語科1年福井美奈弥さん、優勝!
11月14日(土)に行われた、高英研主催英語弁論大会で本校外国語科1年の福井美奈弥さん(吉見中学校出身)が、日本の高校生活と夏休みに経験したオーストラリアの高校生活を比べ、教育の柔軟性を説き、見事1位に。12月に群馬県で行われる関東大会に出場します。

CNNに坂高が掲載される!
CNN English Express 12月号 [ASAHI PRESS(朝日出版社)]に本校外国語科の行事イングリッシュセミナーが掲載されました。iPhoneを使ったプレゼンテーション活動が紹介されています。
 
11月4日

フランス語、スペイン語、中国語に多言語指導員の先生をお招きしました。生徒たちは、各言語のネイティブの先生の授業を楽しく受けました。   


11月1日(日)
大東文化大学でスピーチコンテストが行われました。本校外国語科1年の池田美季さんが参加しました。池田さんは、紛争地域の子供たちの教育の必要性を訴え、高校生の部で最優秀賞を受賞しました。

 

9月

多言語指導員の先生をお迎えしてスペイン語・中国語の授業が行われました。フランス語・ドイツ語の授業には留学生が授業に参加しています。


8月
17日、18日の1泊2日、国立女性会館でEnglish Seminarが行われました。
パキスタン、ロシア、アメリカ、イギリス、スペイン、各国のバックグラウンドを持つ講師のもと、小グループに分かれてTV番組を作る企画に挑戦しました。
   

   


7月
21日(火)本校ALTのJeremy(ジェレミー)とEmma(エマ)が埼玉県立川島ひばりが丘特別支援学校に招かれ、小学部・中学部・高等部で英語の授業をしました。児童・生徒たちは外国人のゲストを大歓迎、授業を楽しんでくれました。
   

6月
16日(火)外国語科2年生:異文化理解と3年生:時事英語のドッキング授業に、大東文化大学国際関係学部 押川典昭教授をお招きし、「サッカーワールドカップから現代世界をみる」というタイトルで、3年生の発表と講演会が行われました。外国語科3年生の生徒は、ワールドカップのもたらす経済効果、社会に与えるメリット・デメリット、差別問題など様々な角度から問題に切り込み、グループごとに発表しました。発表を受けて、押川先生の講演を聞き、複雑化した世界の価値観を学びました。


12日(金)埼玉県国際教育研究協議会主催、第24回英語・日本語スピーチコンテストで外国語科2年生の武田明さんが埼玉県教育委員会教育長賞を受賞しました。
武田さんは、人を外見で判断せず、お互いの違いを尊重しあい、よりよい世界をつくろうと、スピーチしました。
受賞した武田さんは、校長先生から祝福の言葉をいただきました。
 
  

5月

22日(金)、大東文化大学の台湾・中国からの留学生を招き、International Exchange Projectが行われました。外国語科1,2年生の生徒たちを中心に、留学生を囲んで楽しく歓談しました。プレゼンテーションで紹介された台湾のみどころ・おいしい食べ物に興味をそそられました。

   

4月

7日(火)、外国語科1年生41名が入学。元気に学校生活を始めました。外国語科の専門科目の様子を紹介します。
 1年「英語表現」では、ALTの自己紹介を見本にして、英語で自己紹介。
 2年「英語表現」では、ディベートの基本。「異文化理解」では、多文化共生クイズで授業開き。
 3年「英語表現」はパラグラフライティングの導入。
 3年「時事英語」は新聞の読み方、ヘッドラインの独特の表現を学んでいます。各学年とも、魅力的な授業が展開されています。

 

 
絵文字:星絵文字:星 外国語科 カレンダー2014 絵文字:星絵文字:星
March

February





                         


5日(木)、外国語科2年「異文化理解」の授業に、学習院女子大学国際交流学部学生6名が参加。ラオス国際協力研修の成果を発表しました。学生たちのグループワークやミニディベートを取り入れながらの発表に生徒たちは目を輝かせながら聞き入りました。

6日(金)、坂戸市立片柳小学校との小高連携事業として、英語ワークショップが行われました。外国語科1、2年生12名とALTが参加し、小学生と英語でのやり取りをしながら、交流を楽しみました。

            

January
26日(月)、国際交流基金日本語国際センターで研修をしている、アジアの国々をはじめとする14の国と地域の26人の日本語教師の皆さんが来校。校内・授業見学、本校教員・生徒との意見交換会、部活見学など、1日坂戸高校で過ごしました。民族衣装を身に着けた先生方を囲み、外国語科の生徒たちを中心に、参加生徒は華やかで楽しい異文化体験をしました。

November

外国語科2年安元楓香さんが、14日(金)に行われた埼玉高等学校英語教育研究会主催第65回スピーチコンテストで3位に入賞しました。





 17日(月)には、校内でのスピーチ・レシテーションコンテストが行われました。レシテーション(暗唱)部門、スピーチ部門にそれぞれ7名が出場しました。

 今年のレシテーションの課題文は、アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏による、スタンフォード大学でのスピーチ“Stay Hungry, Stay Foolish”(ハングリーであり続けろ、愚かであり続けろ)の抜粋でした。ジョブズの言葉を、身振りやアイコンタクトを用いながら力強く発表しました。

 スピーチ部門では、出場者がこれまでの経験から感じたことや、皆に伝えたいことを、自分の言葉で語りました。どのスピーチも話者の思いが伝わってくるような内容でした。1位に輝いた安元さんのスピーチのタイトルは“Invisible Culture”。「謙譲の精神」という「目に見えない文化」について気づいたことや学んだことを話しました。

レシテーション部門 結果         

 1位 全唯利  (2年外国語科)

 2位 荒木麗奈(2年外国語科)

 3位 成田晃介(1年普通科)

 

スピーチ部門 結果

 1位 安元楓香(2年外国語科)

 2位 渡辺大貴(2年普通科)

 3位 田中舞  (1年普通科)



October

17日、東洋大学大学院にインドから留学しているアンキッタさんとアチェリナを招き、International Exchange Project が開催されました。



September

9月から本校外国語科2年にフランス出身ジュリエット・バロンさん、外国語科1年にドイツ出身ユリア・シェーファーさんが留学生として、外国語科の生徒たちと一緒に学校生活を楽しんでいます。第2外国語(フランス語、ドイツ語)の授業でネイティブ・スピーカーとして手伝いもしてくれています。

August
8月18日(月)19日(火)、嵐山町の国立女性教育会館で外国語1年生対象のイングリッシュセミナーが開かれました。生徒8人に外国人の英語の先生1人がつき、スキット、ネゴシエーションスキル、ディベートなど様々な活動を通して、英語の力を養いました。


July

 

 

外交官「高校講座」で外務省職員・二木孝(ふたぎたかし)氏を招き、「これからの国際交流に求められるもの」というタイトルで講演。二木氏はフランスをはじめ、アフリカのフランス語圏の国々の大使館に勤務されました。外国語科1~3年生は、これからの国際社会で生きていく上で必要な心構えや、外国語科で学ぶ生徒としてコミュニケーション能力向上のために身につけるべきことを学びました。

講演の様子はケーブルテレビ(J:COM)でも放映されました。


June
6月20日埼玉県立国際教育研究競技会主催第23回英語スピーチコンテストで本校2年の渡辺大貴くんが第2位に、併せて、独立行政法人国際協力機構東京国際センター所長賞を受賞しました。渡辺くんは、Breaking the Wallsというタイトルで、自分だけの世界に閉じこもり他人を遠ざけることはやめ、視野を広げ一歩踏み出すことが必要であると、自分の体験も交えて語りました。



6月4日ドイツ語・スペイン語・中国語3言語にネイティブの外部講師を招き、授業が行われました。
 

6月5日 マレーシア教育省インターナショナルプログラム責任者と高校生3名が来校。2年生の異文化理解の授業に参加し、本校生徒と意見交換をしました。

May
第二外国語では一部外部講師を招いて授業を行っています。
この日はドイツ語の指導員が来校。本校ドイツ語講師2年・3年の外国語科のクラスでティームティーチングを行いました。生徒たちは生のドイツ語・ドイツ文化に触れることができ、ドイツ語学習のモチベーションが一層高まりました。


April
1年英語表現の授業開きの様子です。
ALT作成の教材を使って授業の流れを説明します。この授業はALT2人、日本人の教員3人で、クラスを3分割して行われます。






絵文字:良くできました OK 外国語科 カレンダー2013 絵文字:良くできました OK
June
17th (Mon) International Exchange Project Ⅰ
~大東文化大学の外国人留学生とのはじめての交流会~
中国人留学生を囲み、楽しく交流しました。グループで自己紹介・ゲーム・フリートークで交流を深めました。
18th (Tue) ディベート研修会 (講師:関西大学 中邑 光男 教授
                                     岡本 真由美 准教授)
ディベートの基本を学び、オーストラリアの姉妹校との実践や英語表現での授業で役立てます

 中邑先生のユーモア溢れるディベートについての講義を聞き、「制服の是非」についてグループでアイデアを出し合いました。
  

July
3rd(Wed) 平成25年度多言語コミュニケーション能力推進事業
(外国語大学等からの留学生/多言語支援員派遣授業)
↓ 東京外国語大学からのスペイン人留学生の大学院生に授業をしてもらいました。
 
-生徒の感想-
-いつもと違う雰囲気で楽しかった。
-授業では習わないような言い回しや、習ったことの復習も楽しみながら授業を受けることができた。
-生のスペイン人とふれあうことができて楽しかった。
-ゲームや会話など色々な活動ができて楽しかった。
-また来てほしい。
11th (Thu) / 12th(Fri) 第1回GTEC (外国語科1,2,3年生全員)
コミュニカティブな英語の実力を測る絶好の機会!自分の英語力の習熟度合いや伸びが客観的なデータによって裏付けられます。
18th (Thu) 「高校生 世界へはばたけ!育成塾」 講演会 ビーム M & A コンサルティング 代表取締役社長 岡 俊子 氏
 岡先生には留学や海外勤務の経験談を交えながら、「相手を理解するには」・「コミュニケーションはまず自分が心を開くことが大切」・「グローバルビジネスに必要なのは英語力だけではない」・「自分で計画を立てて必死に努力し、それをやりきること」といった示唆に富むお話をしていただきました。
↓ 講師のお話に真剣に聞き入っている生徒たち
-生徒の感想-
- 今までの自分の人生を振り返る事ができ、これからの自分の道が少し開けた気がしました。
- 高校生のうちにしっかりとした基礎教養を身につけておこうと思いました。
- 大切なのは、「気遣い・感謝の気持ち・褒めること」
- 「今を精一杯頑張ることによって今後の人生が変わっていく」ということを学びました。何事もやりきる、頑張るということを癖にするのは難しいけれど、少しずつやっていこうと思います。
- 海外体験がどれほど人生に多くの有益なことを教えてくれるか学べましたし、自分にはまだそれを知らないぶん伸びしろがたくさんあると感じることができました。さらに、世界を舞台に活躍したいという刺激を受けた講演会でした。ありがとうございました。

August
3rd (Sat)
獨協大学主催 全国高校生ドイツ語スピーチコンテスト第1部で、3年外国語科の水落星音さんが3位に入賞しました。
19th (Mon) / 20th (Tue) イングリッシュセミナー(外国語科1年生)@国立女性教育会館
8~10人のグループに1人のネイティブスピーカーがつき、生の英語を学んで使う中身の濃い2日間でした

October 
International Exchange Project Ⅱ
18th (Fri)近隣に在住のベネズエラ、ブータン、インド各国籍の方々をお招きし、交流会を行いました。
(写真:スピーチをする民族衣装を着たブータンのモヌさん)
 
平成25年度多言語コミュニケーション能力推進事業
(外国語大学等からの留学生/多言語支援員派遣授業) Part 2
3th日(Wed)
第2外国語の授業でドイツ人・中国人のネイティブゲストをお招きして、2年・3年の外国語科の生徒たちが授業を受けました。
- 生徒の感想 -
- ネイティブの方の発音が生で聴けたり、本物のドイツの食卓や、牧場などの写真も見られてよかったです。
- これまでに学んだドイツ語を生かすことができたので、いつも楽しいドイツ語の授業が、より楽しく感じられました。
- 本場の中国語を聞くことができ、さらに、文化についても理解を深めることができたので、とても勉強になりました。

November
校内スピーチ・レシテーションコンテスト
18th (Mon)
レシテーション部門では、「女子にも教育を」と訴えたパキスタンのマララ・ユスフザイさんの国連での演説(抜粋)を、スピーチ部門では生徒自らの想いを、出場した生徒たち一人ひとりが力強く語りました。以下に、表彰された生徒たちを紹介します。
絵文字:晴れレシテーション部門
女子教育の重要さを、表情や身振り手振りを交えてアピールした、馬場 崇弘くん(外国語科1年)がレシテーション部門1位
絵文字:晴れスピーチ部門
「物事を多面的に見ることで人生は変わる」と訴えた全 唯利さん(外国語科1年)がスピーチ部門1位
命を慈しむ気持ちを語った安元 楓香さん(外国語科1年)がスピーチ部門2位
アメリカで暮らした経験から学んだことを振り返りスピーチをした渡辺 大貴くん(普通科1年)がALT賞
28th(Thu)
大東文化大学 第14回 スピーチコンテスト
テーマ「再生 RE-BORN」
絵文字:晴れ高校生の部において、1年4組 全 唯利さんが優秀賞
               1年4組 安元 楓香さんが奨励賞 を受賞しました。

January
22nd(Wed)
第2外国語の授業で、NHKスペイン語学講座番組で講師を務めている、Marcos Antonio Guerrero Romera(マルコス・アントニオ・ゲレロ・ロメラ)先生をお招きして、2年・3年の外国語科の生徒たちが授業を受けました。

- 生徒の感想 -
- スペインのことについて色々と学ぶことができました。楽しくゲームもできたし、さらにスペインについて学びたいという気持ちが大きくなりました。マルコス先生に教えていただけてよかったです。
- 本場の先生が来ると聞いてきちんと理解できるか少し不安でしたが、ジェスチャーをしながら話してくれたり、伝わるように何度も言い方を変えてくれたので、とてもよく分かりました。すごく楽しかったです。
- とても積極的にお話することができて楽しかったです。ゆっくり話してくれたのでわかりやすかったですし、マルコス先生の出身地であるMeridaの町の写真を見せていただいたり、話を聞かせていただいて、ものすごくスペインに行きたくなりました。スペインの歴史にも興味が湧いて、もっと知りたいと思いました。
27th(Mon) キャリアデザイン講座
 1、2学年の外国語科クラスを対象に、講師の先生をお招きして、高校生から考えるキャリア教育についてのセミナーを開催しました。
 講師 : 神田外語学院 国際ビジネスキャリア科 キャリア教育科目担当講師 池田政隆先生
   
February
平成25年度多言語コミュニケーション能力推進事業
(外国語大学等からの留学生/多言語支援員派遣授業) Part 4
19th(Wed)
第2外国語の授業でフランス人のネイティブゲストをお招きして、外国語科2年の生徒たちが授業を受けました。
-生徒の感想-
- フランス語でコミュニケーションをとるのはすごく難しいなとは思いましたが、すごく楽しかったです。
もっと自分の気持ちをうまく伝えられるようになりたいと思いました。
- フランス語を学ぶのはとても好きなので、これからたくさん挑戦して、たくさん間違えて、勉強していきたいです。
そしていつかパリに行って、本場のフランスパンを食べたいです!

March
16th (Sun)
アンスティチュ・フランセ横浜主催 第2回 東日本フランス語コンクールに外国語科2年 溝延 夏実さんが出場し、フランスの旧植民地であるコート・ジボワールで生まれた、アマドゥ・クルマさんの小説の一部を感情豊かに暗唱しました。